2011年10月18日

ツーリングバッグ



スポンサード リンク


ツーリングの準備として、バッグの準備は外せません。
日帰りならデイバッグや、マップケース付きのタンクバッグがおすすめです。

1〜2泊のツーリングなら、下着の買えや洗面具が入る
10〜20リットル容量のバッグで十分です。
あまり大きなバッグはかさばるだけですから。

しかし、ロングツーリングになると、
40リットル以上のバッグが必要です。
サイドバッグにシートバッグ、タンクバッグのフル装備ですね。
その上キャンプツーリングとなれば、テント一式と炊事用具も必要です。
シートバッグも大きい物を選ぶ必要があります。


タンクバッグは燃料タンクの上に取り付けるバッグです。
取り付けたまま見られるように、
透明ポケットの地図入れが付いている物が多いです。

サイドバッグは後部シートに振り分けてかけるバッグです。
シートやバイクの形によっては取り付けられない場合があるので、
購入の際には注意が必要です。
ご自身のバイクに合ったバッグを選びましょう。

シートバッグはシートに取り付けるバッグで、
容量は1泊用から長期用まで色々です。


この他に、貴重品などを入れる、身に付ける形のバッグがあります。

ウエストバッグが最もポピュラーですね。
これはもう、貴重品、携帯電話、カメラなど、
身の回りの小物を分けて収納できるので、手放せません。

デイバッグは、言わずと知れたリュックです。
ライダー仕様のものは、幅広く、クッション性の高い肩紐に、
背中の部分がメッシュになったりと、使いやすくなっています。

最後にメッセンジャーバッグです。
容量の割にはデイバッグよりコンパクトで、体になじんだ形です。


目的に合ったバッグを取り付けて、なるべく荷物はコンパクトにしましょう。





スポンサード リンク

posted by ティラーレ at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スニーカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。