2011年10月22日

初心者向けツーリングのイロハ



スポンサード リンク


バイクに乗り始めたばかりで、
これからツーリングを始めたい人にアドバイスです。
初心者のうちは、あまり遠出せず、
近場で「日帰りツーリング」を楽しみましょう。


ツーリングに出るためには、まず目的地を決めなければいけませんが、
それに役立つのが地図や雑誌です。

・『ツーリングマップル』旺文社刊
 おすすめ道路や景色、食事処などの情報満載の、
 ツーリストのバイブルとも言うべき地図です。

・『絶景を走る新版日本百名道』須藤英一著/大泉書店刊

・『ツーリングGOGO』三栄書房/月刊誌

・『ジパングツーリング』月刊誌

これらを参考に、自分の行きたい所を目的地に定めます。


目的地の次は日程です。
何時に出て何時に帰るか。
所要時間は、道路の混雑具合、道路が坂道か平坦か、
ワインディングかどうか、などによって大きく変わってきます。

まずインターネットの「Map Fan」や「ハイウェイナビゲーター」、
「首都高速所用時間案内」などのサイトで、ルートや距離、
所要時間、料金などを検索します。
休憩や、観光、渋滞などを考慮すると、
そこで出てきた所要時間の5割り増しに1時間はプラスして、
予定するくらいでちょうど良いはずです。

出発の朝は、日帰りツーリングの場合、
できれば5時か6時に出発するプランをお勧めします。
早朝は道路が空いていて、気持ち良く走れますし、
時間に余裕ができ、休憩がタップリ取れるので、安全運転につながります。


目的地とコース、日程が決まったら、荷物の準備です。
日帰りの場合は、極力荷物は少なくしたいものです。
最低限準備したいのは、どこへ行くにも必要な財布、携帯電話、カメラ、
バイクツーリングに必要な工具(スパナ、ドライバー、ペンチ、レンチ)、
地図、レインコートやポンチョなどの雨着(防寒具にもなります)ですね。


最後に身支度ですが、ライダーの身を守ってくれるツーリングズボンに
ツーリングジャケット、ヘルメットは必需品です。
夏場はTシャツ1枚といきたいところですが、
メッシュジャケットは外せません。
強い日差しを遮って、走り出せば風が通って涼しいです。

あとはグローブと靴ですね。
靴はライダーシューズやライダーブーツで足を守りましょう。


ここまで準備ができたら、あとはあなたが出掛けるだけです!




スポンサード リンク

posted by ティラーレ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スニーカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。